Qvaq

Search for Groups

Create New Group

Hot Groups

New Groups

Recently Active Groups

dentalclub

dentalclub

Group Members (1)

Bild
looping
No status set

looping 2017-10-14, 12:57

虫歯を治療した後は、神経に近い部分の虫歯を削る事により神経が炎症を起こして、過敏になっていることがあります。また、虫歯が奥深くまで進行していると、神経にばい菌が感染してしまい、神経の治療が必要になることもあります。3日程度経てば、落ち着いてきますが、対処法として、熱いものや冷たいものを痛む部分にあたらないようにしましょう。痛みがいつまでも続くようであれば、神経を取ってしまうという治療法もあります。神経を取り除くデメリットは、取り除いてしまうと歯が脆くなり、割れやすくなっていまうからです。虫歯の削り残しがある虫歯治療をしたが、完全に取り除けていない状態で詰め物をしてしまうと、歯がどんどん侵食されて痛みが出ます。歯医者さんの腕次第ではありますが、虫歯菌を見落としてしまうと治療した歯が悪化してしまうのです。対処法として、「レーザー虫歯診断器」がある医院で治療をすることをおすすめします。歯にレーザーをあてて、その反射を利用することにより、虫歯になっているかどうかを高精度で解析します。困難とされる虫歯の発見にも有効ですので、削り残しが心配な方はおすすめです(倍速コントラアングル)。神経を取り除いた治療後に痛む神経を抜いた治療後に痛む原因は、神経自体が残っているからです。神経を取り除く治療は、器具を使い簡単に治療出来る方もいれば、歯根が網状であったり、細かく分かれている方は治療が難しいです。もう一つ考えられる原因として、ばい菌が取りきれていなくて、痛みが出ているのかもしれません。神経もばい菌も、取り残しているようであれば、治療をやり直す必要があります。神経を取り除いた治療後に痛みがあるのであれば、歯医者さんに相談しましょう(超音波スケーラー)。

By looping in dentalclub on 2017-10-14 12:57:45.